■フロイデ オブ アルク/ST様

仰向けになって施術していただくと,すぐに耳鳴りが始まりました。それは『キーン』と金属音的に高いものの,まるでシャンペンの泡のように細かく柔らかい感じの音でした。そしてそれはしばらく続きました。これはプラーナが気道を洗浄していくときに発生といわれている『ナーダ音』ていうものだなと思いました。と、今度は第7チャクラから何かが吸い上げられる感じがしました。クンダリーニエネルギーは活性化すると,尾骨から背中の気管を通って頭から抜けて上の次元と繋がる,と言われていますが早速それが始まったんだなあと思いました。これもしばらく続きました。

あとは第7チャクラを両方の親指で優しく押されるような感じがしたり,仰向けになった体に何か空気のクッションみたいなのが乗せられた感じがしたり,とっても気持ちよくて,施術の最中はところどころ寝ていたようですが,いつの間にか1時間が過ぎていました。

今これを書いている間も,体(?)が思い出したからでしょうか,またナーダ音が鳴り始めてかなり心地よいです。今回のセッションは受けた後もまだまだ私の浄化が進んでいくんだなあという予感がしてワクワクしています。ありがとうございました。

 

■臼井レイキ講座/KT様

ひとつ嬉しいことがありご報告します。というのは昨日転んで痛めた膝のことです。

もちろん今日も患部を押すと軽い痛みはあるのですが、見てみたら、紫だった所がもはや治りかけの黄色っぽい感じになっており、擦れた部分には既に薄い膜が張っているのです!びっくりしました!今までぶつけたりした所が翌日に治りかけているなんて無かったです。

昨日私は「人に直接レイキしてないのでまだ実感がない」などと申しましたが、自分の体で実感させて頂いた感じです。俄然自信とやる気が湧いてきました!正に『一見良くないと見える現象は良くなるための変化』ですね!

■フロイデ オブ アルク/AE様

小学生の頃のことですが、遊んでいるうちにどうしたはずみか?変電所の中に入ってしまって、叱られたことがありました。頭の中がグワングワン耳鳴りがするみたいな圧迫感を感じたのを覚えています。追い出されるようにして外へ出たらピタリと止んで、柵の中とは空気感が一変しました。

初めてこのワークを受けたときに、なんだかあの時の感覚と似ていると思いました。異空間に入りこんでしまった感じとでもいったらいいのか?

2回目に受けたときは、自分は腰痛持ちのせいか、仰向けの同じ体勢でいるのが苦手なのですが、不思議と背筋がピンと伸びてなぜか平気でした。それで1回目とは打って変わって、2回目では1時間ずっと動かずにいることができました。きちんと施術が行われるようにアルクトゥルスの配慮が働いたのかしら、なんて勝手に想像してました。笑

またセッションの間中、自分がベッドごとゆっくりと大きく回転している感じがありました。そして右の足元の方に誰かいる気配を感じたので、「どなたですか?」と尋ねたら、「天照大神!」という声が聞こえました。アルクトゥルスのヒーリングなのに、ヘンですよね?笑

深くいろんなことを感じ考えさせられました。ちょっと愛の喝を入れられた気分。
​霊気は私が今まで受けたどれよりも信頼できるものだったし、魂レベルで信頼し委ねた感じでした。
​                  <鎌倉 NY様>